ビビンバ丼
ビビンバ丼
コストコに行って目的のものはカートに入れ終わった後に、何かお買い得な掘り出し物はないかと物色していたら、調味料置き場に酢コチュジャンなるものを発見!「酢」が大好物な私にとってはとても気になる一品。しかしコチュジャン系の辛い調味料を使いこなせるか自信がありませんでした。ただお値段も比較的お安いし、お酢という大好きワードが入っているので冒険してみようと思い購入してみました。

スンチャン 酢コチュジャンとは?

酢コチュジャン
普段は聞きなれない調味料の名前ですが、韓国ではポピュラーなもののようです。お刺身を食べるときに用いるそうなのですが、日本人の私はやはりお刺身はおしょう油でいただきたいのが本音のところ。この調味料はコチュジャンにお酢、砂糖、蜂蜜、にんにくなどが混ぜられており、辛甘すっぱい感じの味になっています。この味は色々なものに応用出来そうな気がします。

※ 2019年6月9日購入時点

価格 498円
内容量 1kg×2本(2,000g)
100gあたりの価格 25円
パッケージサイズ 直径7.5cm×高さ27.5cmが2本
賞味期限 2020年10月7日

酢コチュジャンを使ったピリ辛うまいレシピを作ってみました!

1.もやしとワカメの和え物

もやしとワカメの和え物
もうすごく簡単に、家計の救世主であるもやしと乾燥ワカメをサッと茹で、酢コチュジャンを和えるだけの簡単レシピ。私はお酢が好きなので、酢コチュジャンだけでなく追加でお酢も合わせるのですが、とにかく簡単で美味しいです。飽きが来なくボリュームもあってガツガツ食べられるのでダイエットにもオススメかもしれません。

2.大根のナムル

大根のナムル
お惣菜のナムルを買うと必ずついてくる甘辛酸っぱい大根のナムル。大好物です。この酢コチュジャンの味を知って、これは使えると思い作ってみました。普通に大根のなますを作ったら好みの量の酢コチュジャンを加えます。あっという間に出来上がりです。旨みと辛味が加わって美味しいナムルに早変わりました。焼肉やバーベキューのお供に持って来いです。

3.ビビンバ丼

ビビンバ丼
せっかく大根のナムルを作ったので勢いでビビンバ丼も作ってみました。甘辛いひき肉やもやしなど好きなものをトッピングして、もちろん大根のナムルも乗っけて、タレとして酢コチュジャンを添えてみました。うん、間違いなく美味しい!食欲がが止まりません!

4.ビビン素麺

ビビン素麺
夏の定番メニューと言ったら素麺ですが、ずっと食べていると飽きてしまうこともあります。かといって手間をかけてまで素麺に力を入れたくはないのです。楽だからそうめんにしたいので(笑) そこで普段の素麺を茹でたら麺に酢コチュジャンと麺つゆ、お好みでごま油と和えるだけで美味しく普段と違った味が楽しめます。写真はご紹介するために張り切って色々トッピングをして盛り付けてみましたが、正直なところ普段の麺つゆに酢コチュジャンやごま油などを足して普段どおりに食べるだけでも美味しいです。楽して美味しいのが一番!

5.きゅうりの和え物

きゅうりの和え物
酢コチュジャンをレシピ検索するとタコときゅうりを酢コチュジャンで和えた物が出で来るのですが、いかんせんタコがお高い。悔しいですがタコなしで作ってみました。好きな形に切ったきゅうりに塩こぶ、いりゴマ、麺つゆ、ごま油を投入して和え、最後にお好みの量の酢コチュジャンを加えます。もうあっという間に出来ちゃいます。タコは入っていませんが十分に美味しいです。緑と赤の色味も良くご飯のお供としても、お酒のおつまみとしても持って来いの一品です。

他にもまだまだ使えそうなスンチャン 酢コチュジャン

本場の使い方のように魚介類を酢コチュジャンで食べてみたり、チヂミのタレなんかにも応用できそうな感じがします。ただ辛いだけではなく、お酢の酸味や甘みがあるのでお料理のコクを出すのに使い勝手が良いです。

使うときに気をつけるポイント!

液だれ
使っていて気になったのが、注ぎ口の液ダレです。粘性のある液体だから切れが悪いのかもしれませんが、ちょっと意識しないと回りにたれてしまうので注意が必要です。 また、やはりコチュジャンベースの調味料なので辛味は確実にあります。なので小さいお子様のいるご家庭の味付けには気を遣うかもしれません。辛味はマヨネーズやごま油などで比較的緩和され味もマイルドになって美味しいです!量を調整しながらご家庭に合った使い方をしてみてください。

まとめ

酢コチュジャン
想像以上に使い回せるスンチャン 酢コチュジャン! 冒険心から買ってみた酢コチュジャンですが、思っていた以上に使い勝手が良く大満足です。今回ご紹介したレシピ以外にコチュジャンを使う料理にもコチュジャンの代わりに酢コチュジャンを使うことも可能だと思われます。お酢が入っていたりするのが気になるかもしれませんが、そこまで酸味が強いわけでもないし、加熱調理する場合は酸味がとんで、旨みだけ残る感じがします。 コチュジャンを買うと瓶詰めだったりふたつきの容器に入っています。使う際にフタを開け、スプーンですくって使うので面倒くさかったりするのですが、これはキャップをポンと開け、使いたい量を注ぐだけなので非常にお手軽です。 夏のピリ辛メニューとして食欲増進に貢献してくれるのはもちろんですが、冬場にはお鍋やスープなど体を温める使い方も出来そうです。案外一年中使える万能調味料になってくれそうで期待しております。皆さんも見かけたら手にとってみてお試し下さい!
スポンサーリンク
おすすめの記事