ハイパワー目地ブラシ

こんにちは。いよいよ梅雨の季節になってきました。アジサイが咲いたり、優しい雨がシトシト降って潤ったり、そんな一面だけ切り取れば、梅雨も本当は暑い夏に入る前の素敵な時間なのかもしれません。しかし、日々の生活に追われている私にとっては、「洗濯物は乾かない」「なんかジメジメする」「日が当たらず暗くてどんよりする」など、やっぱり気が重くなってしまう季節なのです。

我が家のお風呂は換気がうまくいかないせいか、すぐにカビカビが生えてきます。油断するとすぐにピンクのヌメヌメが発生。そしてうっかり黒カビも発生。

やばい、掃除だ→磨く→気が緩む→カビカビ発生→やばい、掃除だ→磨く→気が付くとまた発生→うーん、疲れたしまた今度やろう→カビカビ増殖→やっば、掃除しなくちゃ→あー、もうこの黒カビは落ちないや(諦め)→せめてヌルヌルは掃除しよう→磨く→気が緩む→カビカビ発生。。。。。。。。

この繰り返しなのです。

きっと赤カビや黒カビ、お風呂場特有の汚れに対する適切な掃除方法があるはずです。素敵主婦は毎日こまめに掃除してピッカピカなんだと思います。いや、普通はちゃんとするんだろうな。しかしズボラな私は、お風呂に入った時に目に入った汚れを気が向いたら落とすという、何の工夫もない掃除方法を行っています。

今までお風呂掃除には、浴槽を洗うバスブラシ以外は使い古しの歯ブラシを使っていました。基本掃除って、使い古しの歯ブラシが必須でしょ!と今でも思っていたりします。

しかし掃除をしながら「力が入りづらいな」「溝の奥のほうや微妙な隙間に届かないな」などの欠点をヒシヒシと感じていました。それでもまぁ仕方ないかなんて思っていたのです。

ダイソーのハイパワー目地ブラシ(お掃除ブラシ)の使用感レビュー

ハイパワー目地ブラシ

そんな時ふと思い立ちダイソーにてお掃除用のブラシを買ってみたわけです。

同じお金を使うならついつい可愛い雑貨や面白そうなものを買ってしまいがちの私にとって、掃除用のブラシを買うなんて地味だなと思いつつ、家路につきました。買ったときは地味な買い物だったなぁなんて思っていたのですが、お風呂に入る時はちょっとウキウキしていました。お風呂に入りながら、なんだかもう頭を洗っていても早くドアの隙間の汚れを落としてみたくてウズウズ。とにかく自分を洗い終えてから、早速ブラシを使って掃除してみました。

あー、すごいすごい!うわっ!なんじゃこの汚れ!今まで歯ブラシでは届かなかった隙間の奥のほうから未知の汚れがどんどん出てくる!なんか気持ち良い!汚れに手が届くってこんなに楽しいのか!?

おっ!ここも届くぞ!

そんな感じであちこち掃除し始めてしまいました。

あぁ、そうだったのか。掃除は使い古しの歯ブラシだけじゃダメなのね、ちゃんと用途別のブラシが売っているのね、もっと早く買っておけば良かったと実感しました。

形状は中央の毛足が一番長くなっているタイプのブラシで、もちろん使い古しの歯ブラシより毛の丈夫さ、長さは文句なしです。柄の部分はちょっとカーブがかかっていて握りやすくなっています。

柄の先の部分は穴ではなくフックになっており、簡単にひっかけられるようになっています。

固めの毛足の長いブラシは今まで届かなかった隙間にザクッと入って汚れを掻き出してくれます。

少しカーブのかかった柄は、細すぎず太過ぎずしっかり握れて力も入れやすいです。

そしてなにより柄の先の部分が穴ではなくフックになっているというのがポイントで、極端な話目をつぶっていてもサッと取れてサッと掛けられます。穴のタイプだと取るのもしまうのも少しだけ面倒なのです。このわずかな行動の差が手軽にお掃除出来るか否かの分かれ道だったりします。

まとめ

お掃除ブラシはホームセンターやドラックストア、スーパーなど様々なところで売っていますが、まずは100均で手軽に気になるものを手に取って試してみましょう!お掃除のさらなる進化を求める時に少しお高い商品に手を出してみようかなと思っています。思い付きで買った100均ブラシひとつでこんなに変わるんだぁと思い知らされた商品でした。今後はちょっとだけこまめにお掃除できそうです!頑張ります!

スポンサーリンク
おすすめの記事