100均ファスナーケース大小

もう梅雨は開けたのでしょうか?暑くて夏本番といった感じですね。今日は以前に買って重宝しているファスナーケースをご紹介したいと思います。このファスナーケース、100均のファイルコーナーで目にされる方も多いと思います。ファイルコーナーに売っているだけあって、やはり書類などのペーパー類を収納するのに使われることが多いのでしょうか?このファスナーケース、名前の通り外周をファスナーで囲むような形でファイルになっています。

サイズはA4、A5、A6、B4、B5と豊富です。

大きいサイズも小さいサイズもどれでも108円になっています。本体は透明のポリプロピレン製。ファスナー部分が黒、白、ピンク、水色、緑がありました。

やはりファイルっぽい感じで適度の硬さとしなやかさがあるので色々なものを入れるのにとても便利です。

我が家では様々な用途に使っているのでちょっとご紹介させていただきます。

まずはゴミ袋の収納です。

100均ファスナーケースにゴミ袋を入れた写真

フニャフニャしているゴミ袋もこのケースに入れておけばカッチリと保管できます。

立て掛けて収納できるので、わずかな隙間に差し込んだりもできます。

ファスナーなので一部分だけ開ければ中身を取り出せます。ファスナーの良いところは全部開けばガバッと広がり、ちょっとだけ開ければ中身が落ちることなく出し入れが出来るところですね。

次に地味な使い方ではありますが折り紙入れとして使っています。

100均ファスナーケースの折り紙を入れた写真

折る前の折り紙は100均でも折り紙ケースが各種販売されていますよね。問題なのは子供と一緒に折り紙遊びをしてできた作品たちです。後々捨てることになってしまうのですが、作ってすぐに捨てるのは忍びない。かと言って取っておくにも案外かさばるし保管場所が見当たらない。そんな時にこのファスナーケースに入れてしまっておきます。ある程度の厚みがあるので色々な形になった折り紙もポンポンと入れられます。ファスナーケース自体に硬さがあるので中の作品が折れたり曲がったりすることなく収納できます。箱ではないのでかさばらず、折り紙の本などと一緒に収納できるのも良いですね! ある程度中身がたまったら時を見計らって処分しています。

色々と使っている中でもこれは便利と感じたのが、着替えを入れるケースとしての使い方です。

100均ファスナーケースに子供服を入れた写真

ママバックの中に定番で入っているものの一つとして子供の着替えがあるかと思います。他にもママバックにはいざと言う時のための荷物が数多くあり、出かける時はきれいに収まっていた中身も、おむつ替えをしたり、お茶やおやつを出したりなど使っているうちにカバンの中がごちゃごちゃになったりしていませんか? 子供の着替えなどはジップロック的なものや布の袋に入れたりしている方も多いともいます。でも使わないとカバンの下や奥の方で団子状態になったりしていないでしょうか?私もそうでした。

ですがこのファスナーケースに入れることで結構メリットがあったんです。

まず、透明のビニール製だから何が入っているのか一目瞭然。汚れた服をそのまま入れてもケースごと拭けるので問題ありません。気になる場合はポリ袋などに入れてからこのケースに入れても良いかと思います。

まぁ、この効果はジップロックでも同じですね。

でもファスナーケースはファイルのような硬さと袋のようなしなやかさの両方を兼ね備えています。

そのおかげでカバンに入れたときに他の荷物を邪魔することなくサクッと差し込めてきれいに中に納まってくれます。これならカバンの中で迷子になることもありません。さらにある程度の硬さのおかげで、中に入れた服がシワになりません。A6のケースに入れている私は服を小さく畳んでしまっているので折りジワはついてしまいます。ですが袋に入れて圧縮して持っていた頃のヨレっとした感じはなくなりました。夏素材の薄い物ならワンピースとレギンスくらい余裕で入ります。もうすこし量があったり折りジワが気になる方は大きめのケースを使うと良いかもしれません。

この夏の暑い時期やゲリラ豪雨が予想される時などは主人も着替えのインナーシャツや靴下を入れてカバンに忍ばせています。

100均ファスナーケースにシャツと靴下を入れた写真

ちょっとした着替えをカバンに入れておくのにとても便利です。

他にも用途は様々です。銀行の通帳を入れておく、取っておきたい雑誌の記事をとりあえず保管する、使わない筆記用具を入れておくなどなど、本当に色々入れられます。

ビニール袋よりは硬く、プラスチックケースよりは柔らかい!というところが使い勝手の良さにつながっていると思います。見た目以上に物が入るのも魅力の一つです。

サイズもカラーもバリエーションがあるので、用途に合わせて上手に使えると良いですね!

よろしければ収納ツールの選択肢の一つに加えてみて下さい!

スポンサーリンク
おすすめの記事