ノック式色鉛筆実際書いてみた

最近子供が塗り絵やお絵描きが楽しくなってきたようで、クーピーやクレヨンの消耗が激しくなってきました。何か使い勝手の良い商品はないかと検索したところ、ダイソーにノック式色鉛筆なるものがあることを発見!これは買ってみようと思いダイソーを見て回るもののなかなか遭遇できず。実家への帰省も味方につけて普段は行けないダイソーを何件も探したものの見当たらない。普段行かないスーパーに併設されたダイソーでやっとのことで見つけることが出来たのでゲットしました!というわけで今回はノック式色鉛筆をご紹介したいと思います。

ノック式色鉛筆とはどんなもの?

ダイソーノック式色鉛筆

ノック式。つまりシャープペンシルの色鉛筆です。見た目は普通の色鉛筆のような形で、上部の白い部分を押すことで芯がカチッ、カチッとで出来ます。以下にノック式色鉛筆の概要をまとめてみました。

全長14㎝
軸の形六角形
軸の太さ約9㎜
芯の長さ9㎝
芯の太さ2㎜
ノック式色鉛筆の寸法ノック式色鉛筆の芯

色は全部で8色。黒、赤、橙、黄、緑、水色、青、ピンクが入っています。ノック式色鉛筆並べてみた

パッケージの注意書きにはAPマーク取得済みの記載がありました。商品裏APマーク

調べてみると、どうやら画材に使われるハザードマークで、このマークは人にとって有害なものを含んでいない、すなわち無害であることを証明するマークだそうです。安い100円均一の商品でもこういったマークがついていると安心できますね。

ノック式色鉛筆を使ってみて感じたこと

使用感としては100円の割には発色は良い気がします。芯は硬めかなと言う印象。色によってか書きごごちに差があるように思いました。個人的な印象ですが、赤、黒、黄、緑は滑らかで発色も良い、ピンク、橙は可もなく不可もなく、青、水色は芯の硬さを感じ少し掠れるようなムラを感じました。

ノック式色鉛筆実際書いてみた

やはり有名どころの立派な色鉛筆と比べてしまうと書き心地は劣ってしまうのかもしれませんが、普段使う分には問題はありません。コピー用紙と画用紙で書き心地を試してみました。コピー用紙は問題なくスルッと書けます。目の粗い画用紙でも引っかかることなくスムーズに書くことが出来ました。

ノック式色鉛筆のメリット

まずは芯を削る必要がないので、ゴミが出ることはないです。芯が短くなってきたらカチッとノックすれば新しい芯が出てくるのでどんどん書き進められます。以前娘がクーピーを付属の鉛筆削りで削っていたのですが、まず削りカスが大量に発生。クーピーの削りカスって静電気であちこちにくっついて結構掃除が大変なんです。

さらには削り終わるタイミングがつかめず、尖ってもなお削り続け、相当短くなっていたのはショックでした(汗)ノック式色鉛筆ならこういった心配はありませんね。芯の出し過ぎには注意ですが、押すだけで芯が出でくる面白さもあり、子供も楽しく使っています。

また、単なる色鉛筆ではなくシャープペンシル型の色鉛筆が8本で100円というコスパの良さ。さすが100円均一です。こういうタイプの色鉛筆を揃えようとするとそれなりのお値段がすると思うのですが、100円なら気軽に試すことが出来ますね。本当にありがたいです。

ここだけが残念でした、ノック式色鉛筆

この商品を検索したときに見た画像などでは10色タイプのものを見かけたのですが、私が見つけられたのは8色タイプ。足りない色は筆圧の加減を駆使して対応できるものもあると思うのですが、茶色と紫がないのは残念。案外地味に思える茶色ですが、幼児のお絵描きに茶色は必須なんです。なんたってアンパンマンの色ですから!クマも犬もキツネもリスも、茶色を使いたくなる動物がいっぱい。木の幹も、プリンセスの髪の毛も茶色で描きたいんです。既存の色では対応しきれない茶色。なんとかゲットしたい一色です。紫は幼児女児には結構人気のある色で、出来れば入っていて欲しかったです。もしどこかで10色タイプが売っているなら購入したいものです。

あとは芯を替えられるのかという問題ですが、2mmの芯があれば可能だと思います。ただ新しい芯を100円で手に入れられるのであれば良いのですが、そうでない場合は新しいものを買ってしまったほうが早そうです。

これは子供はもちろん大人も学生さんにもおススメできます!

コスパの良さと使い勝手の良さで満足できる商品でした。

使っていて感じたのですが色鉛筆って色の強弱もつけられて裏写りの心配もなくて色分けしたい作業にもってこいなのかもしれません。学生さんなどは勉強にも使いやすそう。

辞書や新聞などの薄い紙に印をつけたいとき、ペンなどは濃すぎて裏写りしたりにじんでしまう心配がありますが、色鉛筆ならそういった心配はありません。大事な部分は強めに書いて色を濃く、ちょっとしたマークをつけたいだけなら薄めになどと工夫次第で自分の好みに合った色分けが出来そう。

ノック式の色鉛筆なら削る必要もなくペンの様に持ち歩けます。学生のころの自分に渡してあげたいです。もちろん大人だって手帳だったりレシピブックだったり色付けしたいものにおススメですよ。

色鉛筆のポテンシャルに気づき、シャープペンシル型という便利さに嬉しくなったこのノック式色鉛筆。良かったらお試しください!!

スポンサーリンク
おすすめの記事