あつあつのたら鍋
肌寒い季節になってくると恋しくなるあったかご飯。一番に思い浮かぶのはやっぱりお鍋ですね!我が家のお鍋といえば、お安い鶏肉や豚肉を入れて特売野菜とともにグツグツと煮てガッツリ食べるのが定番です。ただ最近体に優しくさっぱりしたお魚が恋しくなるようになりました。お魚は食べ出のわりにお値段もけっこう高めですよね。なのでなかなか手を出せずにいたのですが、久しぶりのコストコの買い物に出てお安く提供されていたので、思い切って買ってみました。普段ならお魚の相場を確認しつつ購入するのですが、今回は本能の赴くままにカートに入れていました。後から確認してみるとやはりお安くお得に購入出来ていたので結果オーライです。

1.コストコ甘塩のたら切り身とは!?

たらのパッケージ
今回購入したたらの切り身はアメリカ産で100gあたり148円で購入しました。全体量は881gで、10切れのたらの切り身が入っていました。価格としては1,304円です。単純計算で一切れあたり131円です。さっぱりとしたたらのお鍋が食べたいと言う本能のままに購入したので、相場がわからず購入してしまいました。
たら一切れの重量
今回購入したたらの切り身はアメリカ産で100gあたり148円で購入しました。全後日近所のスーパーでたらの価格を確認してみました。たらと言っても、銀だら、塩だら、真だらと種類が色々で、今回購入した甘塩のたらと同じようなものが見つからず、純粋な比較が出来ませんでしたが、参考までに比べてみたいと思います。
種類コストコ甘塩たら銀だら真だら塩だら
価格(税込)
(100gあたり)
148円387円214円236円
どうやら銀ダラは正確にはタラではないらしいのですが、煮付けに使うタラは銀ダラというイメージがあるので比較の対象にしてみました。価格だけ見るとやはりコストコのタラは格段に安いことがわかります。 ただ安かろう悪かろうでは話にならないので、大事な味や使い勝手について検証してみましょう。

1-1.良いところ

  • 通常スーパーなどで売られているタラよりも価格が安くお買い得です!
  • 大きくて厚みがあり、一切れの存在感が抜群。切り身を単品のおかずとして出す際に使いやすいです!
  • 白身魚にありがちなパサパサが無く、ふっくら、プリッとした食感。弾力があって満足感が得られます。
  • 10切れ入っているので、存分に使えるという安心感がある。お鍋だけでなく様々な料理を作ることが出来て、食材としてまわせます!

1-2.悪いところ

たらをラップで包んだ写真
  • 賞味期限が早いうえに数が多いので、使わない分の冷凍保存が必要。切り身は一切れずつしっかりラップで包んで冷凍保存したほうが美味しく使えます。
保存に少々手間がかかるのと、冷凍庫のスペースを確保する必要があるという、コストコあるあるのデメリットです。それ以外は今のところデメリットは無いように思えます。

2.我が家の たら料理を少しご紹介します♪

2-1.お鍋

たら鍋
まずは大定番のお鍋です。お肉ばかり投入していたお鍋にタラの切り身が入るだけで、なんだかワンランクアップした気分になりました。火を入れてもパサつくことなく、プリッとした食感で、肉厚なのでしっかりとタラを味わうことが出来ます。今まではスーパーでおつとめ品になった少量のタラを飾りのように鍋に入れていたので、タラを味わうというよりは、タラが入っているなぁという感想しかなかったんです。このタラをお鍋にしてみたときの存在感に感動を覚えました(笑)

2-2.きのことタラのホイル蒸し

きのことタラのホイル蒸し
お鍋に使ったきのこ類や残り物の野菜などとタラをアルミホイルに置き、塩コショウとバターを加えて包み、魚焼きグリルで焼くだけです。お手軽で簡単ですが、なんとなくホイルに包まれた魚が出てくると、料理した感が出て豪華に見える気がします。白身魚の淡白なお味にバターが程よいジューシーさを与えてくれて美味しく頂けました。塩コショウだけでは薄味の仕上がりになるので、お好みでしょう油やポン酢などをかけるとより一層おいしく頂けます。手抜き料理ですが見栄えにインパクトがあるので、忙しい時にオススメです。
あつあつのタラのホイル蒸し

2-3.フライ

たらのフライ
揚げ物にも挑戦してみました。白身魚のフライが好きな娘のために作ってみました。白身魚のフライはタルタルソースなどで食べると美味しいですが、面倒くさくて今回はタルタルは割愛。ただ、揚げる際にパン粉をつけるつなぎとして、卵や小麦粉は使わず、マヨネーズをタラに直接塗ってパン粉をつけて揚げたので、時短になりましたし、マヨネーズの下味がついて美味しく頂けました。こちらも厚みがあり、サクッとして食べ応えがありました。ボリュームとしても満足です。

2-4.ムニエル

たらのムニエル
こちらも定番のおかずですね。甘塩とはなっていますが、一応塩コショウをして小麦粉をまぶしてバターで焼きました。やはりバターで焼くとジューシーさが増して美味しく食べられます。このタラは火を入れても硬くなったり身が縮んだりすることが少ないので、安心して使えます。一切れのボリュームがあるので、単品のおかずとしてもしっかりとした満足感が得られます。

2-5.煮付け

たらの煮付け
今回一番気になったおかずです。というのも、甘塩タラというだけあって若干の塩味かついているタラ。このタラを塩抜きなどせずにそのまま甘辛い煮付けにして食べられるのかが疑問でした。結果としては塩抜きをしなくても十分に美味しい煮付を作ることが出来ました。失敗するのが怖かったので一切れだけで作ってみたのですが、娘がもっと食べたいと言うほど美味しくできました。これはありがたかったです。正直に言えば銀ダラのような脂の乗った煮付のようにはなりません。ですが、白身魚でやわらかく甘い美味しい煮付けが、塩抜きナシに出来たのは嬉しかったです。

3.使い勝手抜群な甘塩たらの切り身!

あつあつのタラ鍋
お鍋をするのにもってこいだと思い購入したこちらのタラ。甘塩ってどんな感じだろうと思いましたが、お鍋から煮付まで様々な料理にそのまま使うことが出来て大満足の商品でした。冷凍してもボソボソした感じにはならず、解凍して普通に使えました。ボリュームがあり食感も良く、白身魚のたん白さが、様々なメニューに応用することが出来て、使い勝手の良いお魚です。今回作ったメニュー以外にも、レシピ検索するとタラを使って色々なおかずが作れそうなので挑戦したと思います。これからの季節には本当に重宝するお魚なので、良かったらお試しください!
スポンサーリンク
おすすめの記事