コストコバラ肉全体写真

お肉が食べたい‼ 今日はコストコの豚バラ肉をご紹介したいと思います❗コストコでは国産の豚バラ肉も売られていますが、我が家にとっては値段がお高いのです。きっと上質な国産豚バラ肉をスーパーなどで買うよりはお得に設定されているかもしれないのですが、手が届かない(泣)  お肉類は100g100円以下で購入するという暗黙のルールがある我が家では、国産の豚バラ肉は高級品であります。

カナダ産 三元豚バラ肉(コストコ)

しかし、コストコでお肉コーナーを見渡すと、カナダ産の豚バラ肉が税込99円で売られています。

税込99円ってことは、国産の豚切り落としと互角の値段です。それで豚バラ肉が買えるならと飛び付いたわけです。

通常豚バラ肉と言えば薄切りで売られていることが多いですよね。

豚バラ肉のレシピ検索をすると薄切りのお肉を使った炒め物や肉巻きなどが多く出ています。

でもこのカナダ産豚バラ肉は厚めにカットされています。だいたい3㎜くらいの厚みがあります。

しかも一枚の長さが30㎝オーバー。大きいのです。本音を言えば薄切りの方が良かったなぁと思っていました。

正直肉巻きとかに使える厚みではありません。でも豚バラ肉のうまみが味わいたいと思って買ったので色々試してみることにしました。

コストコバラ肉全体写真

簡単な炒め物は小さめにカットして使えば問題なく使えます。

また、この厚みを利用して煮込み系の料理にも使えました。

卵と大根と豚バラ肉を煮込んでみたら大根と卵にしっかりと豚肉の旨味が染み込んでいい感じに。

本来ならブロック肉でする料理も案外使えることが分かりました。

思っていた以上に使い勝手は良かったです。

さらに案外節約になったことがあったのでご紹介いたします。

豚小間肉や切り落とし肉、また薄切りで売られている豚バラ肉もそうですが、トレーに切られたお肉ってドサッと入っていて、使う際は目分量でこのくらいか?などと思いながら使うことが多くないですか?しかも私はなんだか少ない気がすると思ってつい多めにとってしまう癖があります。

調理し始めてから、あれ?案外多かったなと気付き、3人家族の量ではないおかずが出来あがったりしてしまいます。

節約すべきお肉を粗末に食べてしまって後悔するのです。(しかしお腹は満足(笑))

コストコ豚バラ肉を冷凍して並べた写真

ですが、この厚みのあるカナダ産豚バラ肉。

我が家では買ってきて一枚ずつラップに包んで冷凍保存をしています。

これが使う際に冷静に量を決めることが出来るポイントなのです。

 

一枚の量が一目瞭然なので、この料理には2枚で足りそうとか、ちょっと少ない気がするからもう一枚だけ使おうとか、肉の量を冷静に見極めることが出来ます。

貧乏心も働いて、3枚使いたいところだけど我慢して2枚で作ろうなんて気も起きたりします。

単純に冷凍の豚バラ肉の在庫がどんどん減っていくのが寂しくなるのでついケチってしまうだけなのですが・・・笑。

結果的に無駄にお肉を消費してしまうことが少なくなりました。

節約になったなぁと感じたことがもう一点

実際に作ってみて量が少なかったかなと感じる事もあるのですが、ここでお肉の厚みが力を発揮します。

決してお肉が硬いわけではなく、単純に厚みがあるのでしっかりとした噛み応えがあり、見た目以上に満腹感をもたらしてくれます。

薄切りのお肉では物足りない量でも、この厚みによって満足感が得られます。

さらにもやし炒めや焼きそばなどメインがお肉出ない料理を作る場合、この厚みで少量でも十分に豚バラ肉のうまみが食材に絡むのです。

コストコバラ肉ラベル

ちょっとしかお肉を入れていないはずなのに(もやし3袋に対して豚バラ肉1枚とかの割合)しっかりとお肉が入っている感を感じられます。

豚バラ肉の油が溶け出て食材にお肉の旨味を広げてくれているんだと思います。ありがたや豚バラ肉。

 

そんなわけでコストコのカナダ産三元豚バラ肉には大変お世話になっております。

たまにクーポンで100g当たり89円だったり、ブロックのままで良ければ79円で売られていることもありお買い得です!

お肉選びの際に候補として考えてみて下さいね!

(因みにこの記事を書くにあたって三元豚という言葉を調べてみました。3つの品種を交配して育成した豚の事を言うのだそうです。知らなかった~。てっきり美味しい豚肉の品種だと思っていた私。お恥ずかしい。。。笑)

スポンサーリンク
おすすめの記事