100均クラフトパーツケースにお弁当ピックを入れた写真

毎日のお昼ごはん、主婦の皆さんはお家で手っ取り早く済ませてしまうことも多いと思います。お勤めされている方はご自分でお弁当など作ったりされていますか?我が家では主人のお弁当は毎日、子供のお弁当は週に1回作る毎朝です。毎日子供のお弁当を作られているお母さんには頭が上がりません。

申し訳ないですが主人のお弁当に可愛さは皆無です。バランもおかずカップもなるべく安く大量に入っているものを選び、彩も茶色が多くフタを開けてもテンションが上がるお弁当とは言えません。心の中で申し訳ないと思ってます。

朝は時間との戦いですので娘のお弁当に全精力を傾けます。

かと言って可愛いキャラ弁を作る技術や力量を持ち合わせておりません。

お弁当のいろどりに役立ってくれるミニトマトが嫌いだったり、緑ものと言えばブロッコリーや枝豆などが定番になってしまったりと見栄えが変わらないお弁当になってしまいます。なので100均などで売られている可愛い柄のおかずカップやバラン、たくさんの種類のピックなどで地味なお弁当を盛る作業が重要になっております。足りない色味、可愛さの足りないおかずに取り入れるだけで何となくそれっぽいお弁当になるので、これらのお弁当グッズにはとてもお世話になっています。

いままでは1個1個ケースに入れて使ってました。

タッパーにお弁当のピックを入れた写真

さて朝の忙しい時間このお弁当を作る時、バラン、カップ、ピックと様々なアイテムを駆使するのですが、一個一個ケース入れて使っていました。

でも効率が悪いんですよね。あの目玉ピックは先週使ったから、こっちのうさぎさんにしようかな?リスも入れてみようなどと色々悩みながら作っているのですが、一個ずつケースにしまっていたため、あっちを開けたり、こっちを開けたり。スペースも取られてしまって、焦っている時はけっこうイライラしてしまったりと悪循環。何か良い方法はないかと考えていました。

以前テレビで整理整頓カリスマ主婦が発砲スチロールにピックを刺して保管しており、全種類が一目瞭然で使いやすく時短になると紹介していました。なるほど~!と思ったのですが、、、。わたくし、発泡スチロールの音が大の苦手でして、その音を聞くだけで全身に鳥肌が立ってしまうのです。その発砲スチロールにピックを多数刺すと想像するだけで鳥肌が立ちます。いくら便利でも朝からあの音を聞くと思うとゾッとしてしまいます。

キャンドゥ100均のクラフトケースを買ってみた

100均クラフトパーツケースの全体写真

何かいい収納方法はないかなぁと100均をブラブラ。

クラフトコーナーを物色しているとデコレーショパーツを小分けにしてしまっておくケースが売られていました。ん?これいいかも!とりあえず100円だし買ってみようということで購入しました。ケースの色もピンクなどがありましたが今回は白です!デコレーションパーツを保管するために作られているので全体にラメっぽい感じでキラキラしています。フタを開けてみると最初から3つに仕切られており、自分で仕切りを増やせるよう9枚のパーツが付属で入っていました。

早速ピックたちを入れてみます。

幅と言い仕切られた部分の大きさと言いピックの収納にもってこいの大きさです。種類ごとに分け入れてみるといい感じ!全体的にどのピックも見渡せます。これなら一回フタを開ければ全部のピックの中から好みのものをすぐにチョイスできそう!これからまた増えてしまいそうな気もしますが持っている分は全部収納することが出来ました。少しスペースが余ったので、バランとカップも収納してみました。

お弁当グッズのバランもカップも売られている時は型崩れしないように固めのプラスチックの容器に入れられていますよね。このまま保管すると結構かさばるのですが、このケースに入れてしまえばスッキリと収まりました。いい感じです! きっとこれから増えるであろうお弁当グッズもこの方法を使ってしまおうと思いました。

これらを収納しながら他にも色々使い道がありそうだなぁと思いを巡らせます。

そうだ!娘のヘアゴムやヘアピンなどの髪飾りもこれにしまってみようかな? 毎朝どのゴムにしようか、この飾りならこの色のゴムが良いけどどこだ?どこだ?とケースをひっくり返しながら探していたので、種類ごとにまとめられたらスムーズに髪を結える気がしてきました。まだ実践していないので想像だけですが(笑)

100均クラフトパーツケースに髪ゴムを入れた写真

おおざっぱな性格なので最初のうちはきれいに分けて使っていても途中からグチャクチャにしてしまう懸念があるのが正直なところ。試してみるためにも追加購入しようと思っています。

他にも色々な使い道がありそうですよね。使う人や目的によってカスタマイズできそうです。細々としたものの収納を考えている方、良かったらお手に取ってみて下さいね!(^_-)-☆

スポンサーリンク
おすすめの記事