イケア椅子

娘も3歳半になり、今まで使っていたベビーチェアに不便さを感じるようになってきたので新しい子供用の椅子が欲しいなと思うようになりました。今までダイニングで食事をする際に使っていたベビーチェアはIKEAのANTILOPというものです。1,499円という安さと分解できるところも便利だなと思って使っていました。しかしベビーチェアなので三歳半の娘が使うには色々と問題が出てきたのです。

イケアベビーチェアの前面写真

IKEAのANTILOP(正面から)

まずは自力で座れないこと。

足置きなどがないため親が持ち上げて椅子の中に入れてあげないといけません。

座面や足を入れる部分にはサイズ的にもまだ余裕があったのですが、食事のたびに16㎏ちかくある娘を高めに持ち上げて座らせるのは結構な重労働。

さらに子供が落ちないように設計されているガードがついているため、その部分が邪魔をして椅子を机の下にしまうことが出来ず、かなり幅をとってしまい邪魔になってしまいます。

我が家の狭いダイニングには置きっぱなしにすることが出来ず、その都度移動させる必要がありました。

これはもう子供一人で座ることが出来て、スッキリとしまえる椅子を買おうと決断!

イケアベビーチェアの側面写真

IKEAのANTILOP(横から)

まずはネットで子供用の椅子を検索。色々と出てきたのですが、、高いっ!!

1番人気の商品なんて3万円近くします。ムリムリムリ。娘には申し訳ないがそんな余裕はございません。

もう少し安いものはないかとさらに検索。あるにはあったものの、机の下にしまえないので、求めている条件がクリアできず断念。

そもそも、子供用の椅子に多く見られるがっしりとしたデザインがちょっと苦手で、もう少しスッキリとした感じの子供用チェアを探してみたのですが、なかなかコレと言うものが見つからない。

そこでベビーチェアでもお世話になったIKEAで実際に椅子を物色してみました。

沢山ある椅子たち。いっそのこと大人用の安い椅子に座布団でも敷いて代用しようかとも思ったのですが、子供を実際に座らせてみると、背もたれの隙間から落下したり、椅子ごと転倒しそうな気配がプンプン。

やはり安全面を考えると難しいと判断。

よって子供用として売られている椅子の中から探すことにしました。

 

デザイン性と機能性と安全性を兼ね備えたIKEA(イケア)の子供椅子URBAN(アーバン)

何種類かあった中から我が家が選んだのはURBAN(アーバン)という種類の子供用の椅子です。こんなのが欲しかったと思える椅子に出会えました!

こちらがURBAN(アーバン)の製品情報です

イケア子供椅子の側面写真

IKEAのURBAN(横から)

まずはお値段。税込み4,999円! 子供用の椅子の中では1番の安さ。我が家にとっては重要なポイントです。

次にサイズ。椅子全体のサイズは、高さ:79㎝、幅:45㎝、奥行:48㎝。

座面までの高さは53㎝。座面の幅:33㎝、座面の奥行:28㎝となっています。

重さは約4㎏で、3歳半の女児一人でも引き出すことが出来ます。

材質は強化ポリプロピレン樹脂。

色はグリーンとホワイトの2色。

オシャレセンスの高い方はグリーンをアクセントにしたコーディネートが出来るんだろうなぁと思いつつ、我が家では無難に白をチョイス。

 

買って良かった大満足!URBAN(アーバン)の魅力を紹介!

シンプルでスッキリ可愛いデザイン

角張った部分がない、丸みのあるつくりで、見た目もとにかくシンプル。

なのでどんなスタイルのダイニングにも馴染みそうな感じ!

見た目以上に機能的

イケア子供椅子の注意書き

IKEAのURBAN(下のくぼみ)

正直なんの変哲のない椅子なのですが、そのシンプルな見た目からは想像できなかった機能性を実感することが出来ました。

子供を座らせて椅子を机に近づけようと座面の下に手を入れたときに、とてもフィット感のあるくぼみを発見しました。

このくぼみのおかげで椅子を押したり引いたりするのがすごく楽なんです。

これには感動しました!

 

イケア子供椅子の背もたれのくぼみ

IKEAのURBAN(背もたれ後ろのくぼみ)

背もたれにも同様のくぼみがついており、手をひっかけることが出来るので片手でも椅子を持ち上げられます。

背もたれに隙間のある椅子なら当たり前の事かもしれませんが、この背もたれのデザインにはとってもありがたいくぼみとなっています。

このくぼみは是非とも触って実感していただきたいポイントです。

また、重ねて収納も可能と言うことなので、複数台必要なご家庭や場所においては場所を取らずに収納出来て便利だと思います。

安全性もほぼ満足!

イケア子供椅子の側面写真

IKEAのURBAN(横から)

じっと座っていた赤ちゃんの頃に比べ、のけぞったりして動きの大きくなる幼児期。

ですが座面から広がっている脚の絶妙な角度によって、のけぞっても後ろにひっくり返らない造りになっています。

余程の事がない限り椅子ごと転倒する危険性は低いと思われます。

また前面にだけ足置きがあり、背面や左右には何もありません。

最初は左右にも足掛けのようなものがあったほう自力で座りやすいのでは?と思っていました。

しかし下手に横から登ったりしてバランスを崩すという心配や、降りる時に足を引っかけたりすることもなく、無い方が安全なのだなと使っていて気が付きました。

 

お掃除などのお手入れもラクチン

イケア子供椅子を前面写真

IKEAのURBAN(正面から)

シンプルなつくりのおかげでお手入れが簡単です。

すべての部分が強化ポリプロピレン樹脂で出来ています。

まるで型に流し込んで作ったのではないか?と思うほど、つなぎ目のような溝がありません。つるんとしています。

まだまだ食べこぼしの多いお年頃。ボロボロとこぼしてくれるのですが、食べ物のカスなどが隙間に入り込む心配もなく、汚れもササッと一拭きできれいに落ちます。

子供の食べこぼしに対して寛容になれます(笑)

また、前述の通り前面のみに足置きがあるだけなので、掃除機をかけたい時、床を拭きたい時も邪魔するものがなく、椅子の下をスイスイ楽にお掃除することが出来ます。

 

色々と良いことづくめのように思えますが、デメリットを上げるとしたら、、、。

高さ調節は出来ません

赤ちゃんから大人まで座れますよ!とうたっている椅子と比較したら、座面や足置きの高さを変えることが出来ないので、使用できる期間は限られてきます。

まだ使用途中でわかりませんが、小学校低学年くらいまでが正しい姿勢で使える限界なのかなと思われます。

(しかし、身長150cmの私や180cmの主人でも十分に座れる耐久性はあり、腰を掛けたり、何なら食事することも可能ではあります。)

油断すると落下の可能性も?

ご覧の通りひじ掛けも何もなく、子供を支えてくれるのは座面と背もたれのみです。

このシンプルさによるメリットもあるのですが、うっかり座ったまま寝てしまったりすると落下の可能性も否定できません。

どの椅子にも言えることですが、安全な使い方をして事故などから身を守りたいですね。

とにかくシンプルに作られていますので、安全面が物足りないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

カラーバリエーションは2色のみ

色の展開は今のところ白と緑の2色のみ。

ネットなどではカラフルな子供椅子も色々と販売されているので、色にこだわりのある方には少ないカラー展開となってしまいます。

まとめ

イケアのベビーチェアと子供椅子の比較

左がANTILOP右がURBAN

4,999円と子供用チェアーとしてはお安いお値段でデザイン性と機能性を兼ね備えたIKEAの子供用チェアURBAN。

なんでもっと早く買わなかったのだろうと後悔の念に駆られるほど気に入っています。

まだ使い始めて日が浅いので、今後さらなるメリットやデメリットに気づくかもしれませんが、今のところ大満足なお買い物になりました。

我が家では当分の間使い倒そうと思っております。

3歳くらいかの子供用チェアーをお探しの方にはおススメの一品です。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事